(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

分配金再投資を含めたチャート表示

  • nyanchu
  • 2017/02/19 (Sun) 21:43:58
先日のセミナーはありがとうございました。

セミナーの内容とは違うのですが、調べてもわからないので
教えてください。

米国企業のアナリスト向けのプレゼンテーション資料を見ると
分配金再投資した場合のリターンがどの程度かと書かれている
企業がみられます。

株価のチャート表示するページはいくらでもありますが
分配金再投資分の値動きも表示するにはどうしたら一番いいのか
教えていただけませんか?

株価・分配金のCSVデータをダウンロードして、Rやエクセル
で時間かければ表示はできるでしょうが、簡単にできる方法が
知りたいのです

Re: 分配金再投資を含めたチャート表示

  • 山中
  • 2017/02/19 (Sun) 22:28:39
まず、単純に株価の再投資であるならば配当利回り(株価に対する配当の利回り)を調べる事でほぼ正確な数字がわかります。例えば日産自動車(7201)だと4.3%です。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=7201.T

しかし、いわゆるファンド、日本で一般的なところであれば投信でしょうか、となるとなかなか難しいところです。

というのも解約に備えて思いの外キャッシュの割合が高く、そうした部分については翌日物の資金市場で運用を行う(いまだとマイナスか・・)といった面がありますし、信託報酬等の費用もかかります。

実際にはそのファンド(投信)の運用報告書を見るしかありません。

Re: 分配金再投資を含めたチャート表示

  • nyanchu
  • 2017/02/20 (Mon) 00:21:18
いや、私は実は日本株は全く興味ありません。

私が見たいチャートは、5~30年ぐらいの期間です

米国株で、配当金再投資した際のグラフを描く方法はないか?
と聞きたいだけです。。
配当金率が高い株価と無配当の株価を比較しても意味はなく
配当金も入れた値段推移で見ないと比較にはならないじゃないです
か。

配当金を再投資した分のチャートが見れるツールをご存知ない
ですか?と聞きたいのです。。

Re: 分配金再投資を含めたチャート表示

  • 山中
  • 2017/02/20 (Mon) 07:06:56
それでしたら、過去の配当をチェックしてそれを株価に加えていくしか無いかもしれません。ただ米国株は配当ヒストリーを結構取ることは可能です。

NASDAQ銘柄であれば、http://www.nasdaq.com/quotes/dividend-history.aspx の一番上の欄に例えばMSFTと入れれば、マイクロソフトの過去の配当を見ることができます。

他の取引所でも、検索キーワードを"Dividend History"とすれば出てくると思いますが、米株の配当込みのチャートというのは記憶にありません。

ヘッドフェイク

  • tak
  • 2017/02/19 (Sun) 02:09:00
お世話になります。
本日はセミナーありがとうございました。
その中で、ヘッドフェイクにはチャートパタンを併用との事でしたが、チャートパターンとは具体的にどのような物の事でしょうか?
初心者で大変に恥ずかしい限りではございますが、ご教授いただければ幸いです。

Re: ヘッドフェイク

  • 山中
  • 2017/02/19 (Sun) 16:00:38
恥ずかしいことはなくごもっともな質問だと思います。

具体的には反転パターンが現れていると抜けずに元に戻してしまう可能性が高いのですが、以下のように考えてください。

(1)同じ時間のチャートで見る場合
ローソク足に2デイリバーサル(上昇時の長い陽線+長い陰線、下降時ではその逆)や同事線が現れている。

(2)より短い時間足で見る場合
1時間足でバンドを抜ける動きがあるにもかかわらず5分足や15分足などでチャートパターンに反転パターン(v字ボトム、Wトップ等)が現れている。特に安値圏でのV字、高値圏でのWトップに注意。

(3)テクニカル指標を併用
セミナーでも簡単に説明しましたがADXが低位にある、あるいは下降状態となっている。

おおよそ、上記3点が目安になります。

わからないことは、いつでも質問を投げていただければと思います。

Re: ヘッドフェイク

  • tak
  • 2017/02/19 (Sun) 22:34:35
早速にご回答をいただきまして、誠にありがとうございます。
ご教授をいただきました内容を実際に確認しながら、トレードをしてみます。
今後もよろしくお願い申し上げます。

USD/CNHの急落について

  • nyanchu
  • 2017/01/04 (Wed) 22:41:46
いつもお世話になっております。

USD/CNHが今日の午後から急落しております。
ここまで下がるとなると何か大きなニュースがあったのではと思い、ニュースを探したのですが思い当たるものは見当たりません。

この急落の原因、何か思い当たるものありますか?

Re: USD/CNHの急落について

  • 山中
  • Site
  • 2017/01/05 (Thu) 11:03:15
一応、以下のニュースです。
「中国当局が人民元相場の下落や資金の国外流出に歯止めをかける策を練っている」
ただこの報道自体の信憑性はわかりません。

年末のトレーダの行動

  • nyanchu
  • 2016/12/30 (Fri) 11:20:52
いつもおせわになっております。

私は、海外の銀行・FX業者のマーケット予測のブログによく目を通すのですが、ここ最近はほとんどが更新されずに止まった状況です。

シンガポールのUOBは12月15日から止まっていますし
オーストラリアのAXITRADERも12月22日から止まっています。しかも1月の真ん中まで休むとありました。

12月後半はレポート更新をやめているということは顧客は1月になるまでトレードしていないということでしょうか?

長い人は12月の真ん中から1月の真ん中まで休暇をとってるのでしょうか?

海外の知り合いのトレーダって、こんなもんだと思っていいのでしょうか?

Re: 年末のトレーダの行動

  • 山中
  • Site
  • 2016/12/30 (Fri) 11:24:50
海外のトレーダーは、夏季休暇とクリスマス休暇を長めに取る傾向はあります。
12/15, 22あたりから年内は更新停止はうなずけますが、1月は通常2日からしっかりと再開です。さすがに1月中旬までというのは珍しいケースです。

ユーロドル・独米債券スプレッドを同時に表示する方法

  • nyanchu
  • 2016/12/27 (Tue) 11:01:53
いつもお世話になっております。

添付の画像を見てください。
ユーロドル・独米債券スプレッドが同時に表示されています。

こういったグラフを自分で作りたいのですがどうしたらいい
でしょうか?(ドル円でも同じようなものが作りたいのです)

MT4では債券利回りをとってくる事ができなさそうなのでそれぞれの債券の利回り推移をcsvで取ってきてエクセルで表示する
ぐらいしかないと思っています。債券利回りの時系列データ
をcsvでとって来るぐらいしかないと思っているのですが
どこから取ってくればいいのかわかりません。もしご存知で
したら教えていただけないでしょうか?

Re: ユーロドル・独米債券スプレッドを同時に表示する方法

  • 山中
  • Site
  • 2016/12/27 (Tue) 11:34:14
債券利回りとなると金融機関向け情報端末を契約するか、eSignalといったデータ配信業者から買うか(私はこちらで月に数万程度)が一般的ですが、手間を惜しまないならヒストリカルデータはいくらでも入手可能です。

おすすめできるのは investing.com でブンズの利回りなら以下のページです。
http://www.investing.com/rates-bonds/germany-10-year-bond-yield-historical-data
他の債券利回りもありますし、ほとんどのデータはここで入手可能です。時系列がC, O, H, Lの順序なのでお気をつけください。

Re: ユーロドル・独米債券スプレッドを同時に表示する方法

  • nyanchu
  • 2016/12/27 (Tue) 21:49:09
ありがとうございます。
時間をかけたら、それなりにはできました。

AUD/USD と 豪・米10年債のスプレッドは相関関係にあると
ニュースで見てためしに表示させたのですが、あまり似ていません
でした。 ドル円は日米10年債のスプレッドと連動すると良く
言われますが、AUD/USDはあまり関係ないのでしょうか?

Re: ユーロドル・独米債券スプレッドを同時に表示する方法

  • 山中
  • Site
  • 2016/12/28 (Wed) 12:19:22
通貨ペアと債券利回りのスプレッドには、一定の相関関係があると考えられるものの、長期間で観察すると相関が無い期間も結構あります。これはドル円でも言えることです。

豪ドルについても相関が低い時期があっても不思議ではありませんが、豪ドルの場合、米金利よりも高金利の通貨の場合(例:豪金利>米金利)は、相関が低い印象はあります。

経済指標のチャートが表示されるツール

  • nyanchu
  • 2016/12/22 (Thu) 00:02:45
いつもお世話になっております。

Hantec Markets というイギリスのFX会社のサイトをみていると
Youtubeで経済指標のチャートが表示されるツールが表示されて
いました。



2分15秒たったときに、過去の経済指標の移り変わりがチャートで示されています。

こういったツールほしいのですが、このツールの名前なんというのでしょうか? 知っていたら教えていただけませんか?

Re: 経済指標のチャートが表示されるツール

  • 山中
  • Site
  • 2016/12/22 (Thu) 13:02:51
これは金融機関向けのトムソン・ロイター端末ですね。個人でも契約できますが、オプションによって月額12〜18万はかかります。

無料で見られる経済指標時系列グラフが充実しているさいととして以下のうRLを紹介しておきます。
http://mam.econoday.com/byweek.asp?cust=mam

一例として昨日の中古住宅販売でしたら、このように紹介されています。
http://mam.econoday.com/byshoweventfull.asp?fid=472397&cust=mam&year=2016&lid=0&prev=/byweek.asp#top

ご参考まで。

Re: 経済指標のチャートが表示されるツール

  • nyanchu
  • 2016/12/23 (Fri) 15:29:48
ありがとうございました。

ところで、過去の経済指標をcsv形式でダウンロードできるサイトはご存じないですか?

Re: 経済指標のチャートが表示されるツール

  • 山中
  • Site
  • 2016/12/25 (Sun) 11:52:00
著作権関係もありますから、まとめてダウンロードできるサイトはおそらく無いと思います。

ただ、日米を含め主要省庁や中銀では統計ページに、そうしたヒストリカルデータの提供を行なっていますので、指標をひとつずつ取って行くしかないでしょうね。

Re: 経済指標のチャートが表示されるツール

  • nyanchu
  • 2016/12/26 (Mon) 11:28:16
>ただ、日米を含め主要省庁や中銀では統計ページに、そうしたヒストリカルデータの提供を行なっていますので、指標をひとつずつ取って行くしかないでしょうね。

また質問すいません。
こういったデータ提供をしているサイトをまとめたページ もしご存知でしたら、紹介していただけませんか?

日本語では
http://akashiima.blog57.fc2.com/blog-entry-670.html
が見つかったのですが

Re: 経済指標のチャートが表示されるツール

  • 山中
  • Site
  • 2016/12/26 (Mon) 11:45:17
やはり総務省統計局の海外省庁リンクですね。

http://www.stat.go.jp/info/link/5.htm

米国は一番上のページでその先に各省庁へのリンクがあります。

Re: 経済指標のチャートが表示されるツール

  • nyanchu
  • 2016/12/27 (Tue) 10:53:27
どうもありがとうございます。

また別に質問したい事があるので別途書き込みます、

ピボットの設定につきまして

  • gag
  • 2016/12/12 (Mon) 11:35:32
先日は、デューカスコピーのセミナーありがとうございました。

ピボットの設定について質問なのですが、トレーディング・プラットフォーム(例えばJForex)で、Pivot2 を表示させると、時刻設定が EST以外(GMT, JST)になっていると、土曜日の HLC でピボットを計算してしまうので、とても狭いレンジになってしまいます。

それでは、ダメだと思ったので、プラットフォームの時刻を EST(米国東) にすると、NY クローズから計算してくれて、良い感じになったのですが、設定はこれで合っていますでしょうか?

添付画像は、JST で設定して狭くなってしまったものです。

デューカスコピー・ジャパンのサイトや、JForex のアプリ版では、この狭いピボットの数値が出ているので、時刻設定を JST でやっているようです。

私は、時刻設定は EST にして、NY クローズから計算する方が理にかなっていると思うのですが、いかがでしょうか・・。

よろしくお願いします。

Re: ピボットの設定につきまして

  • 山中
  • Site
  • 2016/12/12 (Mon) 12:32:39
セミナーではJForex3デモを利用しましたが、LIVEでも6日からJForex3を使えるようになりましたので、同プラットフォームでの説明です。

まず、システム時刻(設定、オプション、一般)は見やすい時間(通常JST)で良いのですが、チャート時刻(設定、オプション、チャート)は、現在は冬時間ですからEET(UTC+2)の日本時間午前7時を選択します。

これで添付のように正しい時間区切りによるPIVOTが表示されるはずです。

Re: ピボットの設定につきまして

  • gag
  • 2016/12/12 (Mon) 14:17:03
チャートの時刻を EET に設定したら、うまくできました。

ありがとうございます!!

gbpusd のチャート見て

  • nyanchu
  • 2016/12/05 (Mon) 16:16:26
先ほどの質問ありがとうございました

別の質問です
gbpusdのチャートを日足で見ると今にもショートカバーで
吹き上がりそうに見えます
1.26割れにストップを追いてロングポジションの様子見していますが
思惑通りに行けばかなり上がりそうに見えますがどうでしょうか?

Re: gbpusd のチャート見て

  • 山中
  • Site
  • 2016/12/05 (Mon) 16:43:46
下抜けした直近の安値圏が1.28台後半から1.29ですから、そのあたりはありそうです。

IMM ポジションのカウント方法について

  • nyanchu
  • 2016/12/03 (Sat) 10:23:12
いつもお世話になっております。

先週公表のデータまでIMMポジション円ロングになっておりました。

ここまでドル買いの流れが強いのに、ドル円ショートをもつのは日本の個人投資家ぐらいで、プロではスイングでドル円ショートを持つことは今の市場では考えられないと思っておりますので正直びっくりしております。


質問1:
この公表されているIMMポジションのデータですがどうやってカウントされているのでしょうか?
米国のインターバンクが抱えているドル円ショートのオーダーをカウントしているのか、それとも別の取引所経由のオーダーのみをカウントしているのでしょうか?

質問2:
日本でIMMポジションにかかわる記事を見ると、あたかもヘッジファンドのポジションを言っているような印象を受けますが、本当のところはどうなのでしょうか?
日本の個人投資家が真夜中にドル円ショートのオーダーを出すと、米国の銀行がカバーしてIMMポジションにカウントされることはないのでしょうか?

質問3:
先週のIMMポジションのデータは、 プロですらドル円が急騰しているときにショートポジションを持って踏み挙げられた人がいっぱいいるということ示しているのでしょうか?こういった値動きなら怖いけど買うしかないということはプロならわかっているのではと思うのですが

Re: IMM ポジションのカウント方法について

  • 山中
  • Site
  • 2016/12/04 (Sun) 12:30:45
(1)シカゴマーカンタイル取引所(CME)の金融先物(IMM)で取引されている通貨先物のみの数字です。

(2)主要な取引参加者は、金融機関、ヘッジファンド、大口個人投資家といったところです。先物取引会社経由でIMMの取引を行った数字のみがカウントされます。

(3)そうです。昨日出た数字でようやく円売りに転じましたが、今回の動きはプロでもついていってないということです。下手としか言えません。

銅の急騰について

  • nyanchu
  • 2016/11/28 (Mon) 14:00:18
日本ではほとんどニュースになっていませんが、
銅価格の急騰・オーストラリアの市場では結構騒がれています

SwissQuoteのレポートで
「中国が人民元安のヘッジとして銅を買い越している」
という記事を見ました。

この中国人の感覚が全く分かりません。
人民元と銅価格に逆相関があるというのが中国人投資家の
常識というこの感覚、わかったら説明していただけないでしょうか?誰かが適当なことを言ってるのをみんな本気にして投機的な動きをしているのか、それとも統計的な根拠があるのか判断つきかねています。



もっとも、中国はかつて鉄鉱石を買いだめして価格を急騰させ、後に買いすぎたゆえ暴落してAUD/USDが下落といったことも起きていますから、中国人自体が仕手筋みたいなこともするのかなあと思ったりもします。

Re: 銅の急騰について

  • 山中
  • Site
  • 2016/12/01 (Thu) 11:15:10
失礼しました。書き込みのお知らせが届いておらず見落としてました。

銅あるいは非鉄金属ですが、鉄と同様に基本的には中国の景気動向を反映すると考えることが一般的だと思います。中国の景気がよければ銅価格上昇ということになりますが、書かれたケースでは元と銅との逆相関が本当にあるのかどうかということになるかと思います。

ちょっと添付したチャートを見ていただければと思いますが、オフシュア人民元とシカゴの銅先物の動きです。

直近のところでは、たしかに上段(ドル高・人民元安)、下段(銅高・ドル安)の動きとなっていますが、常にそういうわけでもありません。

今回のケースは何らかの投機的な動きが絡んでいた故と見たほうがよいような印象です。

Re: 銅の急騰について

  • nyanchu
  • 2016/12/03 (Sat) 11:59:13
ありがとうございます。

やはり、銅と人民元の値動きは因果関係はないと
いうことですね