(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

VPSについて

  • joon
  • E-mail
  • 2018/08/12 (Sun) 20:41:15
こんばんは。
先日、ラジオ日経さんの番組で、VPSの紹介をされていましたが、それに関連して教えていただけたらと思うことがあり、
投稿させていただきました。

1か月ほど前からVPSを利用し始めたところです。
自宅のパソコンからは問題なく接続できているのですが、
外出先で使用しているノートパソコンからの接続ができません。

契約している会社に問い合わせてみたのですが、
どのパソコンからでも接続できます、との返事でした。

自分なりに調べてみたのですが、
そのノートパソコンが、Windows7 の Home Premium というバージョンで、接続先(ホスト)として使用できないという理由によるものでしょうか。

あるいは、インターネット回線やセキュリティの設定などによることもありますか?

本来、
山中先生に尋ねるべきことではなく、
大変恐縮ですが、もしよろしければ、教えていただけますか?

Re: VPSについて

  • 山中
  • 2018/08/13 (Mon) 10:32:18
通常のノートPCであれば、お使いのWindows7HomePremiumを含めてVPSの接続は可能です。

Windowsの場合、最初から「リモートデスクトップ接続」プログラムが入っていますので、それの設定を繋がっているPCと同じかどうかもう一度チェックしてください。だいたい、設定ミスが繋がらない理由の第1位です。

間違いがないとしたら、アンチウイルス、ファイヤウォールが邪魔をしている可能性があります。それらの設定を切った状態で繋がるとすれば、何かの理由でリモートデスクトップをブロックする設定になっていると考えられるため、除外設定すればよいです。

このあたりは、ネットで検索するとやり方は色々と出てくると思います。

(管理者の承認待ち)

  • 2018/08/14 (Tue) 07:05:46
この投稿は管理者の承認待ちです

(管理者の承認待ち)

  • 2018/08/13 (Mon) 11:13:14
この投稿は管理者の承認待ちです

スワップについて

  • miyu
  • 2018/07/28 (Sat) 13:03:37
お世話になります。

少し気になったのですが、インターバンク市場におけるスワップはFX業者と取引している私たちとは全く違う値なのでしょうか。

また、私はマイナススワップの大きいもの(例えばドル円の売りとか)を長く持ちたくないのですが、インターバンクのトレーダーもそういった心理は働くのでしょうか。

Re: スワップについて

  • 山中
  • 2018/07/28 (Sat) 14:24:35
全く違う業者も近い業者もありますが、インターバンク市場におけるスワップ金利のBid-Offerスプレッドを広げているのが一般的です。しかし、一部の業者では明らかに違うケースがあり、しかも悪すぎるケースも良すぎるケースもあります。これは、元のスポットのポジションの業者カバー率が低い場合に発生するケースが高く、売買どちらかのサイドに偏って取引して欲しいという業者の意思が働いている結果と言えます。

またインターバンクディーラーはデイトレ〜数日程度の取引がほとんどですから、基本的にスワップ金利を気にするディーラーは少ないです。

Re: スワップについて

  • miyu
  • 2018/07/28 (Sat) 15:18:42
ありがとうございます!とても参考になりました。

トレーダーにとっての歯医者とは?

  • nyanchu
  • 2018/07/22 (Sun) 06:53:53
すいません。 また質問です。

ナシームニコラスの「まぐれ」という本には
解雇されたトレーダーの行動がどんなものなのか
いろいろ書いています。

何度もトレーダが首になったら 歯学部に行って歯医者になると
書かれていますが、ほとんどの人は歯学部に行くのでしょうか?
それともトレーダの間で広まったジョークに過ぎないのでしょうか?(スカートの丈が短くなると株が上がる と同程度の)

Re: トレーダーにとっての歯医者とは?

  • 山中
  • 2018/07/22 (Sun) 12:16:40
著者の周りにそういう人物がいて、それを茶化しているという程度のことではないかと思います。
少なくとも私の知り合いでトレーダーの後に歯科医になった人は一人もいません。変わったところで弁護士くらいです。

米国株アナリスト予想の件

  • nyanchu
  • 2018/07/16 (Mon) 20:55:10
いつもお世話になっております。

米国株をやってからもう15年ぐらい経ちます

決算発表時のニュースを見ろと ほとんどがアナリスト予想を
上回る決算をだしているのが普通で 下回ると相当な悪材料と
見られるようです

雇用統計などのアナリスト予想は きちんと分析していませんが
いつも良いほうだけに傾いているとはとても思えません。

意図的に顧客に株を買わせようとするためアナリストが
利益予想をいつも低めにだして 顧客に今が買い時だと
思わせようとしているのではないかと疑っているのですが
現実はどうなのでしょうか?

Re: 米国株アナリスト予想の件

  • 山中
  • 2018/07/17 (Tue) 15:56:30
絶対ないとは言えないでしょうが、さすがにそれは無いと思います。

最近の傾向は税制改革の影響の過小評価、金融引き締めの過大評価、このあたりがミックスして、好決算につながっているのだろうと思います。

Re: 米国株アナリスト予想の件

  • nyanchu
  • 2018/07/17 (Tue) 19:51:55
バートン○キールの本を読んでも分かるように
アナリストは会社にゴマをする代わりに情報提供してもらう
立場であって、よっぽどのことがない限り会社に
気を悪くさせることはできないはずです

債券の格付けアナリストとかは中立性を保つため
そうとう気を使っているでしょうが、証券アナリストは
嫌われることを簡単にはいえないのではないですか?

もっとも米国ではアナリストだけに情報提供したら逮捕されます
から日本ほどひどくないのでしょうが

Re: 米国株アナリスト予想の件

  • 山中
  • 2018/07/18 (Wed) 06:47:22
そう言ってしまうと元も子もないのですが、そういう面もありますが、それが原因で言っていることを外してしまったら、アナリストとしての人気が落ちます(ランキングが出ますので)。そういう意味での抑制効果はそれなりにあるはずです。

通貨ペアについて

  • maki
  • 2018/07/15 (Sun) 10:13:23
先日はセミナーありがとうございました。
最近取引を始めたところで、勉強中です。

通貨ペアなのですが、こちらは毎月変えるのではなく、一度決めた通貨ペアをずっと取引するのがよいのでしょうか?

Re: 通貨ペアについて

  • 山中
  • 2018/07/15 (Sun) 14:00:25
毎月変えると運悪くダメなものを選んでしまう可能性がありますので、基本は変えません。少ない通貨ペアで行う場合、2つならドル円とユーロ円、もしくはユーロドル、3つならばこれら全て。そこから増やして行く場合、豪ドル円、ポンド円という順番で増やして行くのが良いと思います。

Re: 通貨ペアについて

  • maki
  • 2018/07/15 (Sun) 17:12:07
ありがとうございます。
2つからはじめてみます。

運用STOPして月末まで様子見

  • シバタ
  • E-mail
  • 2018/07/11 (Wed) 11:35:46
昨日のセミナーではとても分かり易い御説明を頂き、ありがとうございました。
件名について質問させて頂き、STOP後に指値も逆指値もいじらないということで理解しました。
逆指値については山中先生の損切のお考えからすれば尤もだと思いましたが、指値については、例えばB20だったら、欲をかいて40ppsの値幅にそれぞれ修正してみるのも面白いと思うのが如何でしょうか?
資金の余裕からSTOP後のポジションも残すというお話だったので、上のようにしても問題ないと思うのですが、何か、落とし穴など、ありますでしょうか?

Re: 運用STOPして月末まで様子見

  • 山中
  • 2018/07/12 (Thu) 06:55:10
問題ありません。そのほうが結果もよくなるかもしれませんね。

Re: 運用STOPして月末まで様子見

  • シバタ
  • E-mail
  • 2018/07/12 (Thu) 22:07:08
ありがとうございます。
証拠金にそれ程、余裕がある訳ではなく、戻ってくる際に、それなりにポジションを減らせなければならないのですが、利益狙いで指値を青天井にはできませんが、少しは稼ぎたいなという気もしています。
適切な加減を占うのにもフィボナッチピボットが有効そうですね。考えてみようと思います。

ピボット S1,2やR1,2をチャート上に表示させるには

  • カワバタジロウ
  • E-mail
  • 2018/07/10 (Tue) 22:29:23
※メールアドレスを記載忘れたので再送いたします。

お世話になっております。
かわばたと申します。

本日のセミナーに参加した者です。
非常に有意義な時間をありがとうざいました。

質問ですが、
表題にあるように、
チャート上にピボットやS1,2やR1,2のラインを
表示させられるのでしょうか。

アイネットのシステムのチャートで可能でしょうか?
やり方がわかっていないだけかもしれませんが。

その他良いツール等ございましたら、
ご教示頂けますと幸いです。

Re: ピボット S1,2やR1,2をチャート上に表示させるには

  • 山中
  • 2018/07/11 (Wed) 07:58:33
暑い中、ご参加いただきありがとうございました。

残念ながら取引ツールのチャートでは出せません。
私も試したのですが、日数が固定かつ日々変化していくために、毎日水準が変わってしまうのです。

前月のHLCと当月のHLCを入れることで、ゾーンを自動的に表示するツールを過去に作りました。(一昨日=前月、昨日=当月と読み替えてください)
http://ascendant.jp/FiboZone.htm
各水準は太字で表示されるレートです。

ピボット S1,2やR1,2をチャート上に表示させるには

  • かわばた
  • 2018/07/10 (Tue) 22:22:43
お世話になっております。
かわばたと申します。

本日のセミナーに参加した者です。
非常に有意義な時間をありがとうざいました。

質問ですが、
表題にあるように、
本日教えて頂きました
ピボットやS1,2やR1,2のラインをチャート上に、
表示させられるものなのでしょうか。

アイネットのシステムのチャートで可能でしょうか?
やり方がわかっていないだけかもしれませんが。

その他良いツール等ございましたら、
ご教示頂けますと幸いです。

金融占星術のCD-ROM

  • 山崎 麻里衣
  • E-mail
  • 2018/06/26 (Tue) 09:39:44
はじめまして、こちらから質問させて頂きます。
金融占星術のCD-ROMを使用してトレードしているのですが、WINDOWS10を購入しインストールしたら出来ませんでした。

ダウンロードサイトが以前あり、現在はないのでどこからもダウンロードできません。

ダウンロードできるすべはありますでしょうか??
とても困っています。

Re: 金融占星術のCD-ROM

  • 山中
  • 2018/06/26 (Tue) 11:23:30
2005年の書籍で当時のWindowsはXPですからWindows10ではMicrosoftがサポート対象外としています。またStargazer自体何度もバージョンアップして来ておりますので、当時のStargazerもまたサポート対象外となっています。

本来的には小曽根氏の最新版の書籍から新しいバージョンをインストールした上で、アップデートをかけるのが正攻法ですが、旧バージョンをWindows10で使いたい場合には、古いPCでインストールされているStargazerをフォルダごとコピーして新しいPCで使うしかありません。

Re: 金融占星術のCD-ROM

  • 山崎 麻里衣
  • 2018/06/28 (Thu) 16:37:23
お忙しい中お返事ありがとうございます。

結局古いパソコンに再度インストールし、そのフォルダをコピーして新しいPCに入れた所、使うことが出来ました!

ずっとこちらを使用してトレードの参考にしてきたので、Windows10でも使用できて良かったです。

ありがとうございました!